六甲山(逆瀬川)
Edit Estimate time
 
阪急逆瀬川駅からスタートし、六甲山山頂を目指して東側から登るルート。  六甲山を登るルートは多数あるが、一般に「六甲山」と言えばこのコースを指すことが多い。  全長が11Km、6~7%の傾斜から始まり徐々に傾斜を強め、中盤以降は10%前後を中心に14~16%の激坂が織り込まれ、基本的に休めないコースレイアウトになっている。  最後の信号機までの前半6Kmは比較的緩めの勾配で構成されており走りやすい。  しかしそこからの残り5Kmは10%前後が延々と続き、時折14~16%の激坂が現れるという非常にキツいコースであり、中級者以上向けである。  5~7%程度の休める場所も短いながら数ヶ所あるので、「ここは休める」という場所でしっかり回復出来るかが攻略の鍵。  道路状況は前半が市街地の狭めの道であり交通量も多く注意が必要だが、後半は走行に不安はない。  ただし、折り返しでこのコースを下る際は、後半部分中盤の黄色い減速帯に注意。  段差が大きく、自転車が跳ねて落車する危険性もあるので、充分減速しながら走ろう。